誕生日プレゼント情報

彼女や彼氏への誕生日プレゼント。1歳の誕生日の祝い方や、還暦、古希など長寿祝いの体験談をお届けします。

絵画用クレパスを母と二人で購入し、感謝を込めて父親へ還暦のプレゼントとして贈りました。

かれこれ10年も前の話しになってしまいますが、父親の満60歳の還暦のお祝いを母と二人で行いました。

元々家族のお祝い事は自宅で行っているため、父親の還暦のお祝い当日も特に外食をすることなく、自宅にて母とちらし寿司と、サラダなどを作ってお祝いをしました。

60歳になったら還暦のお祝いをしよう、と私から両親へ提案をしていました。

でも父親はお年寄りになるような気分がするからお祝いは特にしなくては良い、と言っていたのですが、一生に一度のことですし病気がありながらもここまで頑張って生きてきてくれたことに感謝を込めたかったので、自宅でお祝いを実施しました。

プレゼントは、父親の趣味が絵を描くことなので、絵画用クレパス50本ぐらいのセットを贈りました。値段は7000円ぐらいした覚えがあります。
贈ったプレゼントとは少し違いますが下記のURLのようなプレゼントを贈りました。
http://item.rakuten.co.jp/bigstar/084511371576/
サクラクレパス
クレパススペシャリスト50色

クレパス以外で考えたのは、コートまたはズボンを考えました。ただ病気の影響で、これから年を重ねるごとに体力面や精神面の低下も考え、もっと絵を描くことへの趣味に没頭し、状態を維持できれば、との思いも込めてクレパスセットを誕生日の当日に手渡しで贈りました。

父親は、照れながらも喜んでありがとうと言いながら受け取ってくれ、今でも喜んでくれた笑顔を覚えています。

私たちからは特にメッセージは書かず、口頭でこれからも宜しくお願いしますと伝えました。

どこか場所を借りて行う盛大な還暦のお祝いではありませんでしたが、スピーチなどなく一言述べるだけのこじんまりとした家族でのお祝いも通年通りで良かったと思います。

赤いチャンチャンコを用意しても良かったかなとも思いましたが、父親自身もまだどこかで60歳の還暦を認めたくはないような雰囲気もありましたので用意はしませんでした。

やはり還暦のお祝いは、毎年の誕生日と同じようにお祝いしてもらえると嬉しいのかなと思います。

でもパーティー好きの方だと、親戚や友人を呼んで盛大な還暦のパーティーを行っても良いのかと思います。プレゼントは、主役の方が気に入っている物を贈るのが一番ベストではないかと思います。

広告
 
広告
 

スペシャルプレゼント

バースデープレゼント経験談


 
  ↑ページ先頭に戻る