誕生日プレゼント情報

彼女や彼氏への誕生日プレゼント。1歳の誕生日の祝い方や、還暦、古希など長寿祝いの体験談をお届けします。

遅くに生んでくれた母を喜寿の祝で花を贈りました。

私の母は現在78歳です。私は母が38の時に産んだ現在40歳の男です。ですから1年前に喜寿のお祝いをしたことになります。

母が77歳の誕生日を迎える数ヶ月前に、兄が母の今度の誕生日は、特別なお祝いになるからと聞かされたんです。

私は、そういった話が疎かったものですから、何が特別なのかを兄に聞いたら、今度の母の誕生日は77歳の年齢になるので、喜寿と言われるお祝いをしてあげないといけない、と教えてくれました。ですので、お祝いを言い出したのは、兄です。

私の母の場合は、数え年でのお祝いをすることとなりました。

お祝いに当たっての特別なことは無かったですが、私の家族や血縁関係に当たる人達を集めると結構な人数です。

家族が8人、血縁関係の方が10人くらいでしたので、母の兄が住んでいる昔ながらの古い大きな家でお祝いをしました。

77歳の喜寿と言うことなので、私も知識が無かったのですが、兄に紫が良いと聞かされたので、紫のバラを渡したんです。

他の候補としましては、母が好きだった花しか出てこなかったので、あるとすれば感謝と、これからも元気でと言う言葉くらいです。

お店で購入したものを母に手渡しで渡しました。私が購入したお店のURLではないのですが、良く似た紫のバラだったのでこれを貼り付けます。http://www.87story.jp/77thbirthday.shtml

母の反応は、嬉しいと言っていました。

何よりも、花が大好きなので、きっとそれだけでも嬉しかったんだと思います。母からの御礼の言葉は、良い息子生んだ、でした。

お勧めの品は、人それぞれ違うかもしれませんが、やはり綺麗な紫の花が良いと私は思います。

遅くに生んでくれた母なので、色々と小さなときに引け目を感じたこともありました、それがイヤだから知らない振りをしたりしたことを今は凄く後悔しています。

何はともあれ、今も元気で居てくれる母を、今度は傘寿が待っているから、元気で暮らして欲しいと願っています。

広告
 
広告
 

スペシャルプレゼント

バースデープレゼント経験談


 
  ↑ページ先頭に戻る