誕生日プレゼント情報

彼女や彼氏への誕生日プレゼント。1歳の誕生日の祝い方や、還暦、古希など長寿祝いの体験談をお届けします。

6歳の長女の誕生日プレゼントに、ドキドキプリキュアなりきりライフというゲームを贈りました

2013年9月18日に、第二子である長女の6歳の誕生日プレゼントとして3DSのゲーム、ドキドキプリキュアなりきりライフを贈りました。

出かけたついでにトイザラスの店頭でそのまま購入して、娘に渡しました。税込み4,980円でした。

好きなキャラクターのぬいぐるみや、プリキュアのグッズにしても人形や変身グッズなどのほうも候補に上がっていたのですが、上の子供がゲームにはまっていて、それに興味を持ってしまったのでゲームソフトという形で落ち着きました。

発売してそんなに時間がたっていなかったからというのもあります。

プリキュアからのプレゼント、キャラレターというものもあるのだということは、あとから知りました。それでも娘は喜んだと思いますが、どちらにせよそれだけでなく他のプレゼントも必要だったと思います。

上に年の近い兄がいるので、なにかと羨ましがるのです。

おもちゃ屋にいって、ゲームを買って、その日に渡しましたから娘は飛び上がって喜びました。ソフトだけではなにもできないのに、誕生日会の間中、ケーキを食べている時にもずっと手放さなかったくらいです。

実際ゲームをプレイし始めたのは、次の日になってからのことでした。

プリキュアシリーズは、ハートキャッチプリキュアというものから一番新しいハピネスチャージプリキュアというものまで見ています。

でもまだドキドキプリキュアを引き摺っていて、主人公のキュアハートがお気に入りのようです。

クリスマスのプレゼントは、プレイ時間が増えて息子のゲーム機を借りて遊ぶのも難しくなってきたので、ピンクの3DSLLを買ってあげました。

小学生に上がるくらいになると、子供はゲームを欲しがりますから、自分にも身に覚えのある感情ですので極力プレゼントしてあげるようにしています。

ただ、高価なものなので、本人にそれとわかるように具体的に金額を見せて渡していますね。大人に対してではムードのないプレゼントになりますが、子供ならお金の価値をわかってもらうという点で、お勧めできる裏技です。

広告
 
広告
 

スペシャルプレゼント

バースデープレゼント経験談


 
  ↑ページ先頭に戻る