誕生日プレゼント情報

彼女や彼氏への誕生日プレゼント。1歳の誕生日の祝い方や、還暦、古希など長寿祝いの体験談をお届けします。

長男は選び取りの結果、やっぱり食べ物が1番でした。

2012年5月28日生まれの長男の話です。

誕生日が、初節句と近いので一緒に行おうかと悩みましたが、最初の誕生日を大切にしてあげたいので、1歳の誕生日になった、その日に行いました。

選び取りを知ったきっかけは、市の乳幼児センターで一緒に遊んでいた月齢の近いお友達が、1歳の誕生日に行った話を伺ったからです。

最初はそのような風習があるんだと思ったものでしたが、何人ものお友達が行っていたので、簡単にできるようなので、我が家も行おうと思いました。

行うにあたりインターネットで調べましたが、特に必須というものはないようでしたので、並べるものはすぐ用意できるものにアレンジ。

 筆のかわりに水で書けるお絵かきペンをおいて「知性に秀でる」。
 本物の一万円札をおいて「お金に困らない」。
 一升餅の中身の大福をおいて「食べ物に困らない」。
 車のおもちゃをおいて「行動力がある」
 親の趣味のトランペットのマウスピースをおいて「芸術に秀でる」

としました。

特に趣向をこらすことなく、どれか手に取ってくれればよし、としました。

当日は、家族でお祝い。ハッピーバースデーを歌い、プレゼントをあげたあと自宅でリュックにいれた一升餅の形をした名入り紅白大福を背負わせました。

【布袋セット】 4点セット1.紅白鏡餅  一升   1箱2.紅白あん餅 65g5個 1箱3.赤飯 200g       5パック4.三寸寿折箱       1セット寿の字が入った風呂敷をお付け致します。お買い上げ「税込5,000円以上」送料無料

価格:5,050円
(2014/4/28 10:27時点)
感想(1件)

リュックが食い込み、びっくりした息子は泣いてしまいましたが、目の前で物を並べだすと、すぐに泣きやみ興味心身。並べ終わるとすぐさま動き出しました。

普段は、出さない金属製のマウスピースや、お金などに行くかと思いましたが、他のもには一切目もくれずまっしぐらに大福へ。

名入り大福のパッケージにかぶりついて離さず皆で大爆笑。

息子らしい選び取りになったと大満足、行ってよかった行事でした。

選び取りで注意したことはほとんどないですが、むき出しの食べ物にしなかったこと、筆は毛の部分が危ないので
プラスチックのおえかきぺんにしたこと、電卓は壊されそうなのでやめたことでしょうか。

お友達の中には紙に絵を描いて行った人が、何人かいました。

特に大きな準備をせず、期待もせず行ったので、予想以上に盛り上がりました。

子どもが何か選びに行かなくてもそれはそれでいい、と気楽に行うことが盛り上がるコツかもしれません。我が家は行って楽しかった行事でした。

広告
 
広告
 

スペシャルプレゼント

バースデープレゼント経験談


 
  ↑ページ先頭に戻る