誕生日プレゼント情報

彼女や彼氏への誕生日プレゼント。1歳の誕生日の祝い方や、還暦、古希など長寿祝いの体験談をお届けします。

そろばんを選んだので将来賢くなるかなと楽しみになりました

1994年の4月に生まれた 第一子の1歳の誕生祝いをするために、その年のゴールデンウィークに実家に帰って選び取りなどのお祝をしました。

選び取りは、実家の県では昔からやっている行事で、大体の家が未だにしているので私も子供の頃から知っていました。

私や主人の両親からの提案で、孫も選び取りをしないと、という事になり、私たちも記念になると思って、帰省する時にする事にしました。

私たちの生まれた県では、筆と、そろばんとお金から選ばせるのは昔からの習わしで、今回もきちんと実家で用意してくれていました。

筆を選ぶと将来文才のある子になると言われ、そろばんだと商人とか、計算が良く出来る子になると言われています。そしてお金を選ぶと生涯お金に困らないと言われています。

選び取りの他には、一升餅を背負わせるならわしもあります。この時はしませんでしたが、やれば良かったかなーと後になって思いました。

一升餅 ★ 『一升餅 カット済みのものも選べます』【ラミネートお熨斗・お名前入りのメッセージカード付】【不織布風呂敷付】【日本全国送料無料】お子様の1歳のお誕生日のお祝いに!【smtb-t】【RCP】 一生餅 ・ 誕生餅 ・ 一歳餅 ・ 背負い餅 ・ 踏み餅

価格:3,218円
(2014/5/1 10:19時点)
感想(407件)

子供は、筆とそろばんとお金を並べて、おじいちゃん達が取るように声掛けしても、最初は、なかなか興味を示さず困りました。

大人は、どうにかしびれを切らして近くに連れていくと、そろばんを手に取り、音を鳴らして遊び始めました。

今回は、口に入れると危ないのでお金をコインではなくお札にしました。他は特に気を使う事はありませんでした。

選び取りは、初孫の時だったため、そろばんを選んで賢くなる、と肝心の子供よりも大人が盛り上がり、楽しんでいたように思います。

広告
 
広告
 

スペシャルプレゼント

バースデープレゼント経験談


 
  ↑ページ先頭に戻る