誕生日プレゼント情報

彼女や彼氏への誕生日プレゼント。1歳の誕生日の祝い方や、還暦、古希など長寿祝いの体験談をお届けします。

次女が生まれて1歳の誕生日を迎えてからの日々

次女が、生まれたのは2008年5月19日です。予定日になっても生まれてこないので、私の母が心配して安産の神様のところに連れて行ってくれました。

その夜、陣痛が来て、朝に生まれました。

一人目の時が、陣痛から生まれるまで26時間かかったので、それぐらいかかるのだろうかと怖々していましたが、9時間ぐらいと母子手帳に書いていたので、びっくりしました。

産婦人科についてからは、バタバタして一息つこうかなという時に生まれたという感じで、その場に母も長女もいたのでよかったです。

次女が生まれて、体重が、生まれる前に聞いていた体重のかなり倍だったのでとてもびっくりしました。

次女が生まれて、入院中は長女は泊まらなかったので、母と家に帰るときは大騒ぎしてずっと泣いていました。その時、長女は2歳3ヶ月でした。

一人目と違って、二人目は、後陣痛が辛くて、お腹がいたんだのでちょっと横になるのもしんどかったです。

長女の赤ちゃんの時は、夜寝ず泣いてばかりで大変でしたが、次女はよく寝る子で、母乳をあげるために私が起こすぐらいでした。

里帰り出産でしたので、産後も2ヶ月ほど実家にいたので、楽でしたが、家に帰ってきてからは、次女の時間のリズムに合わせるためにお風呂を早めにしたりしました。

次女に構いすぎて、長女をよく怒ってしまうことがありました。長女は、次女のおもちゃを取って遊んだりすることもありました。

長女自身は、妹ができてどんな気持ちだったのだろうかと思います。

長女の幼稚園のことも考えないといけないので、調べて親子教室に行ったりもしました。その時、次女は、抱っこひもやベビーカーに乗せていきました。

私自身が免許がないため、バスで行っていたので、乗り降りが大変でした。

次女の1歳の誕生日のお祝いを考えたのは、誕生日の1ヶ月前ぐらいだと思います。長女の時は、義実家でお祝いしましたが、次女は家でやることにしました。

長女の時には、一升餅を背負ったので、次女の時もそうしようとネットで調べました。

長女の時は、一升餅1つだったですが、食べる時に大変だったので、次女のときは、1個1個個装されているお餅にしました。中にはあんこが入っていて美味しかったです。

私が今住んでいるところは、愛知県名古屋市ですが、義実家は春日井で、実家は愛媛です。

義実家のほうでは、しきたりや習慣はないと言われたので一升餅も、私が、ネットで調べてからわかったことです。

長女の1歳の誕生日は、たしかお休みだったので、義実家で祝うことができたのですが、次女の時は平日なので、家でケーキを食べたり、一升餅を背負わせたりしてお祝いしました。

次女の誕生日のお祝いは、主人は仕事に行っている時間にしたので、私と長女と次女でお祝いしました。

次女の1歳の誕生日プレゼントは悩みました。だいたいのおもちゃは、長女が持っているからです。

ネットで調べて木製のオルゴールをプレゼントしました。値段は5000円以内だったと思います。
曲はアンパンマンマーチにしましたが、あとでとなりのトトロでもよかったかなとも思いました。
http://item.rakuten.co.jp/mckey/3844cooh/

次女の誕生日には、長女は自分もケーキが食べれるので嬉しそうでしたし、何もプレゼントはしていません。次女の誕生日のためにかかった金額は15000円以内だと思います。

お休みならば、家族全員でお祝いしたりしたかったですが、仕方がありません。2人目は一人目と違ってお祝いは、豪華になりませんでした。

おもちゃは、だいたいあると思うので、よく考えて2人目のおもちゃを考えたほうがよいと思います。

広告
 
広告
 

スペシャルプレゼント

バースデープレゼント経験談


 
  ↑ページ先頭に戻る