誕生日プレゼント情報

彼女や彼氏への誕生日プレゼント。1歳の誕生日の祝い方や、還暦、古希など長寿祝いの体験談をお届けします。

祖父の傘寿のお祝い(満年齢で80才)に、家族で万年筆を贈りました。

私の母方の祖父が、傘寿(80歳)を迎えました。

そういえばそろそろ傘寿だね、と言い出した母の一言がきっかけです。

父・母・私・妹の家族でそろって、祖父のお祝いをすることになりました。

傘寿のお祝いに万年筆をプレゼント

大の筆記具ファンであった祖父に、皆から万年筆をプレゼントすることにしたのです。

祖父の誕生日が近かったこともあり、満年齢を迎えた誕生日に、お祝いをしました。

 

万年筆には、誰もあまり詳しくなかったので、私がインターネットサイトで調べました。

色々な種類がありすぎて迷いましたが、最終的に、モンブランのマイスターシュテュック149に決まりました。

大人の男のステータス、という表記が、オシャレでこだわり屋さんの祖父に、ぴったりだと思ったからです。

78,900円というお値段も、傘寿という特別なお祝いには丁度いいように思いました。

 

他には、デュポン社のモン・デュポンとも迷いましたが、モンブランの方が万年筆の王道のように感じ、モンブランの万年筆に決めました。

傘寿のお祝いは、家族でよく行くレストランで

プレゼントを用意して、お祝いの場所は、昔から家族でよく行くレストランを予約しました。

最近は、皆で集まることも少なくなっていたので、祖父・父・母・私・妹の5人で囲む食事が、祖父はとても嬉しそうでした。

あまり表情に出す人ではないのですが、この日は笑顔が多かったように思います。

食事の最後に私がプレゼントを鞄から出して手渡すと、今まで見たことのないような笑顔を見せてくれました。

プレゼントした万年筆で書いてくれたお礼の手紙が

一週間ほど経った頃、祖父から、プレゼントした万年筆で書いてくれた、お礼の手紙が届きました。

年賀状以外には送られたことがなかったので、驚いた反面、とても嬉しかったです。

万年筆は、大人の雰囲気もあり、小さく軽い物なので、傘寿のお祝いにはぴったりだと思います。

書くことが好きな方には勿論、飾っているだけで美しい物もたくさんありますので、候補に挙げられてはいいのではないかと思います。

スペシャルプレゼント

バースデープレゼント経験談


 
  ↑ページ先頭に戻る