誕生日プレゼント情報

彼女や彼氏への誕生日プレゼント。1歳の誕生日の祝い方や、還暦、古希など長寿祝いの体験談をお届けします。

グループホームに入居している、おじいちゃんとの卒寿の思い出を。

私のおじいちゃんは、現在、故郷のグループホームに入居しています。

昨年卒寿を迎えましたが、正直、かなり認知症が進んでいるため、孫の顔もあまり覚えておらず、行っても私が誰だかは分かりません。

それでも「座んなさい、座んなさい。」を満面の笑顔で言ってくれることが嬉しくて、帰省した際にはなるべく会いに行くようにしています。

入居したのは4年程前ですが、それまでは、大変でした。まだまだそんな年じゃない、と我も強く、家族の言うことも聞きません。

元々農家だったおじいちゃんは、年を取っても体力はすごくあって、押さえつけることも出来ず、家具を壊したりテレビをひっくり返したり(!)

田舎でしたので、徘徊しているとご近所さんが「あっちの方にいたよ。」と連絡をくれて助かりましたが、近所に住んでいる母の心労は相当なものでした。

そんなおじいちゃんも無事に入居が決まり、色んな人の目が届くようになったことで、何よりも母の肩の荷が下りたようでした。会いに行く時も優しい気持ちで接することが出来るようになった、と喜んでいました。

そんな母が、おじいちゃんの誕生日に何をあげようかなと言うので、あまり高価な物をあげても管理が大変だし、何より壊してしまう可能性大・・・。

昔の記憶もあまりないおじいちゃんには、物よりも、「今、この瞬間の幸せ」の方が大切ではと思えました。

そこで、グループホームで使っているルームシューズを購入して、みんなでおじいちゃんに会いに行き、家族写真を撮ることにしました。

孫もそれぞれの場所で働いているので、来られる人だけでも集まろうということになり、それぞれの子供も連れて、ひ孫まで計12名の大集合。施設の方のご協力も頂いて、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

おじいちゃんの記憶には残らないこと、みんな心の中では分かっているけど、私たちの記憶には残った、楽しい思い出です。

広告
 
広告
 

スペシャルプレゼント

バースデープレゼント経験談


 
  ↑ページ先頭に戻る