誕生日プレゼント情報

彼女や彼氏への誕生日プレゼント。1歳の誕生日の祝い方や、還暦、古希など長寿祝いの体験談をお届けします。

祖母の米寿にプレゼントした思い出の温泉旅館

随分前になってしまいますか、父方の祖母の米寿のお祝いをしたことがあります。

祖母は、父親の長男家族と同居しており、長男家族が米寿なのでお祝いをするので予定を立てたい、と父に連絡をしてきました。

はっきりとは覚えていませんが、確か数え年でお祝いをしたと思います。

米寿のお祝いの準備ですが、祖母がまだ身体が元気だったころに好きで通っていて温泉地で行うということになり、私の地元では都会に出てしまう人が多いので、準備には、まず全国にいる親戚に連絡を取ることから始まりました。

父方の兄弟や親類などが沢山集まりました。

父は6人兄弟で、そのうちの5人とその家族(孫とひ孫)の数人、大体20人くらいが集まったと思います。

温泉宿の宴会場で祖母を上座に座らせて、皆でお祝いの言葉をかえたり花を送ったり、ひ孫などは絵をかいてプレゼントしていました。

皆個々に用意したプレセントを送っていたので、すべての金額はわかりませんが、私は母と一緒にお花をあげました。大体5千円くらいだったと思います。

次に候補に挙がっていたのは、金色のちゃんちゃんこまではいかなくとも、冬に羽織れるカーディガンなどはどうかという話は出ました。

宴会の席で参加者皆、直接手渡ししていたので、祖母もとても喜んでいました。

しかし、何といっても一番のプレゼントは好きだった温泉旅館にまたこれたことだと思います。高級温泉ではないですが、祖母の思い出がいっぱい詰まっているようでした。

祖母は始終にこにこしていましたが、少しボケが始まっていたので、孫の私達も誰が誰だかわからない様子でしたが、それでも時折涙ぐんでいたので、理解はできていたようです。

直接、祖母からお礼はありませんでしたが、同居する長男家族から後日タオルが送られてきました。

年を取った人ヘは物を送るよりも、直接会いに行って声をかけてあげることが一番のおススメだと思ったのですが、絵や手紙と思い出に残るものや、米寿を迎える方の好きな物が良いと思います。

広告
 
広告
 

スペシャルプレゼント

バースデープレゼント経験談


 
  ↑ページ先頭に戻る