誕生日プレゼント情報

彼女や彼氏への誕生日プレゼント。1歳の誕生日の祝い方や、還暦、古希など長寿祝いの体験談をお届けします。

初めての出産育児から1歳のお誕生日のおすすめ

2012年3月雪の日に、待望の第1子の女の子を出産しました。

それまで夫婦で東京に住んでいましたが、将来のことなどを話し合い、妊娠8ヶ月の時に思い切って、わたしの実家のある札幌に引越してきました。

微弱陣痛で2日間たっても産まれず、錠剤の陣痛促進剤が効かず、次の日の点滴の陣痛促進剤でも、子宮口は開かず、予定日から10日後に合計でおよそ4日間の陣痛を経て、最終的には帝王切開で産まれてきました。

4日間の不眠不休と麻酔でぼんやりした意識の中、産声を聞き、「あぁ帝王切開でも泣いて産まれてくるんだ」と思い、顔を見て安心してからは記憶がなくなり、目が覚めたのは翌日のベッドの上でした。

目を開けると主人がベッドの横にいて、「ありがとう」と言ってくれたのが、とても嬉しかったのを覚えています。

産まれてからも、ミルクの吐き戻しが多く、1週間ほど保育器に入っていた娘ですが、退院後はみるみる大きくなりなんと2ヶ月で寝返りをして、5ヶ月でハイハイ、6ヶ月でつたい歩きをはじめるという、とても活発な子に育ちました。

離乳食も順調に進み、娘が10ヶ月になった頃から、1歳のお誕生日のお祝いについて考え始めました。

祖母からは、ファーストシューズを買ってもらうことを決めていたのですが、母から何が欲しいかと聞かれネットで調べたり、たまひよや、赤すぐを読んで情報を集めました。

やはり、ファーストシューズも多いようでしたが、お餅を背負うのに、リュックをプレゼントしてもらうことが多いようで、母にはリュックをお願いしました。

1歳の誕生日当日には、午前中にスタジオに写真を取りに行きました。

ドレスのものと着物のものと、主人がお小遣いで買ってくれた服に、祖母からのファーストシューズと、母からのリュックの3ショットです。

夜には、わたしの祖母と両親を招いておすしとケーキで6人でお祝いしました。娘には全て手作りで、納豆巻きとナゲットとチーズとトマトのピンチョスとケーキを用意しました。

ケーキも事前にネットなどで下調べをして、ホットケーキでスポンジを作り、クリーム代わりにヨーグルト、いちごとたまごボーロでデコレーションした1歳でも食べられる3段ケーキを手作りしました。

100均で部屋の飾り付けや、ケーキのろうそく、お誕生日の王冠やパーティーハットなどを用意し、母に買ってもらったリュックでお餅を背負わせました。

娘は、お餅を背負ったときは泣いていましたが、それ以外は、終始笑顔で喜んでくれたようでした。

わたしたちからのプレゼントは、服やおもちゃなど色々悩みましたが、スマートトライクの三輪車にしました。
http://www.smarttrike.jp/product/zoo/ 1万5千円ほどです。

10ヶ月から乗れるもので、娘は3月生まれなので、雪が溶けたらすぐに使えると思い選びました。

1歳のお誕生日は、プレゼントで1万5千円、パーティーの食事などで1万円、スタジオでの写真代で1万5千円の計4万円ほどでお祝いすることができました。

リュックは、その後も自分のお茶やお菓子を持たせるのにも使っているので、1歳のお誕生日プレゼントに是非オススメです。

我が家は、準備にいっぱいいっぱいになってしまい、写真は撮ったのですが、動画を撮り忘れてしまったので、お祝いの際には、是非動画も撮る用意もしておくことをオススメします。

広告
 
広告
 

スペシャルプレゼント

バースデープレゼント経験談


 
  ↑ページ先頭に戻る