誕生日プレゼント情報

彼女や彼氏への誕生日プレゼント。1歳の誕生日の祝い方や、還暦、古希など長寿祝いの体験談をお届けします。

祖母の卒寿のお祝いに色鮮やかな京菓子を贈った

京菓子

昨年同居している祖母が90歳になり、家族でお祝いをしました。

祖母は、90歳とは思えないほど元気。

最近までは、自分で家族の食事を作り、身の回りの家事は全てこなしていました。

1年ほど前に大病

しかし、1年ほど前に大病を患い、長期間入院しました。

そのことで、認知症の症状が認められるようになりました。

暑さや寒さが厳しい期間は、施設で過ごし、春先や秋口は家で過ごしています。

家事などをこなしていただけのことはあり、年の半分を施設で過ごしている現在も自分でスムーズに歩くこともできます。

食事も他の家族と同じものを食べています。

卒寿のお祝い、盛大にしたかったのですが

祖母の兄弟が数年前に卒寿を迎えた時に、盛大にお祝いしました。

そのことを祖母が聞いており羨ましがっていました。

なので、父と母が、親戚に声をかけてお祝いをしようと言い出しました。

しかし、祖母の子ども達は、父を除いて遠方に住んでいます。

1人は他界。

そういったこともあり、今回の実施は難しくなったので家族で、ささやかなお祝いをすることに決めました。

祖母の卒寿のお祝いの内容

祖母の卒寿は、満年齢でお祝いをしました。

祖母の誕生日はゴールデンウィーク中。

なので、4月の下旬から家族では準備をしていました。

祖母に贈るプレゼントを準備したりしました。

祖母の好きな食べ物を幾つか選び、作る準備や練習をしました。

そして、事前に何度か食べさせて、祖母が特に気に入るものを卒寿で出すことに決めました。

父は、祖母の最近の様子を写真に収めていたので、それをプリントアウトして部屋に飾ったり、祖母に贈るもの用に整理していました。

卒寿当日は天気が良かった

卒寿当日は天気が良かったので、午前中に近所の花などがきれいに咲いている場所に父が祖母を連れていきました。

その間に、母と私で昼食の準備をして部屋も飾りつけをしました。

私が通販で頼んでいた京和菓子もお昼前に配達されて準備が整いました。

私と母、そして祖母の息子である父とのささやかなお祝いでした。

ですが、祖母は、味付け炊き込みごはんや、鯛を焼いたものを喜んで食べました。

プレゼントの京和菓子を渡す

その後、色鮮やかな京和菓子を渡しました。

京和菓子は、箱に入ってセットになっていたものが1260円で、そこに祖母の好きな飴などを一緒にして渡したので、合計5000円位です。

他には、祖母が好きな飴細工や、花なども考えました。

が、以前に箱に入った素敵なチョコレートを買った時に非常に喜んでいました。

なので、色鮮やかで見て食べて楽しめる京菓子に決めました。

【花園(小) 20個入り】 御中元 お中元 お歳暮 お年賀 ギフト プレゼント スイーツ 敬老の日 人気 高齢者 和菓子 高級 お取り寄せ 詰め合わせ 叙勲お返し 老舗 京都のお土産 法事 お供え お祝い 内祝い お祝い返し 法要 粗供養 香典返し お返し お菓子 高級 手土産

価格:1,620円
(2023/8/14 15:33時点)
感想(219件)

予想通り祖母は色鮮やかな京菓子に大喜び。

父が撮ってくれた写真を大切に部屋に飾り、来客があると見せています。

祖母はみんなに丁寧にお礼の言葉を述べていました。

認知症を発症してから、お金の管理ができなくなってしまい、祖母のお金は父が管理しています。

が、祖母は、祖母のお金でみんなでおいしいものを食べようと言っていたので、それが祖母からのお礼の気持ちでした。

卒寿のお祝いにおすすめは?

私は、色鮮やかな京菓子をプレゼントしました。

が、高齢の方は昔馴染んだ味などを懐かしく感じることもあるようです。

なので、好きな食べ物や、また色彩が豊かなものなども喜ばれると思います。

食事が普通にできる方であれば、食べるものが一番良いような気がします。

今はおしゃれな和菓子があるのでお勧めです。

また、外出できる体調であれば素敵な旅館や温泉の宿泊も良いと思います。

酸素ボンベに繋がってる義父の米寿(88歳)のお祝いを親戚で食事会で祝いました

酸素ボンベに繋がってる義父の米寿(88歳)のお祝いを親戚で食事会で祝いました

義父の米寿のお祝いに兄弟と親戚が集まり、食事会をしました。

義父はその時、老人ホームにお世話になっていました。

そして、酸素ボンベが常に繋がっている状態でした。

なので、老人ホームの来客者用のレストランを借りて、お祝をさせていただきました。

誕生日は義理の姉が企画

何度か危篤状態になっていたりしたため、この誕生日が最後かもと思い義理の姉が企画していました。

お祝は、数え年でしました。

老人ホームのゲストルームとレストランを2時間くらい借りました。

そして、レストランの調理師さんと介護士の方にもお願いしてしました。

出席したのは

  • 義母
  • 義兄夫婦と子供二人
  • 主人と私と子供二人
  • 義弟夫婦と子供一人
  • いつもお世話になっている老人ホームの方4人

です。

米寿のお祝い・プレゼントは

プレゼントは、孫たちが作った似顔絵の絵を額縁に入れた物です。

何か買おうかと迷いました。

が、孫の作品をいつも喜んでくれていたので、特に購入しませんでした。

ただ、甘納豆が好きなので、それだけ購入しました。

その食事会で、一番年少の孫が直接渡しました。

義父もまだ頭はハッキリしているので喜んでくれました。

食事も、義父が好きなウナギを用意してもらったので、それもすごく喜んでいました。

プレゼントの値段は、手作りなのでありませんが、心がこもっています。

義父は喜んでいたようです

義父は、車いすで散歩をするくらいしか外出できません。

いつもの老人ホームでの食事会でした。

が、遠方に住んでいる義弟は、40歳過ぎてやっと結婚し、生まれた5歳だった子供がいました。

その子に会えた事を何よりも嬉しく思っていたようです。

米寿の祝いともなると、皆が元気とは限らないです。

すごくお金をかけたプレゼント出なくても、心がこもっているプレゼントが喜ばれると思います。

お礼はその時、言葉でいただけたので満足でした。

長女の1才の誕生日で行った選び取りは将来が楽しみな素敵な行事でした。

2011年3月に生まれた長女。

1歳になる誕生日に、私の両親の実家で兄弟夫婦などが集まってお祝いパーティーを行いました。

その席で選び取りをしました。

選び取りのきっかけ

きっかけは、実家に帰ることを母に知らせた際に

「選び取りはしないの?」

と聞かれたことが始まりでした。

正直、私は、選び取りなる行事を知らなかったのです。

将来を占う遊びだと母から話を聞いていたら興味が湧いてきました。

旦那と相談してせっかくのお祝いパーティーなので、盛り上がるイベントにもなるだろうという事でやることにしました。

選び取らせた品

何を選べはいいのか迷いました。

インターネットや母親からの助言を参考にして、私たちが選んだ品物は、以下の通りです。

  • 米(食べ物に困らない)
  • 鉛筆(文系が得意になる)
  • お金(お金に困らない)
  • そろばん(理系が得意になる)
  • 定規(几帳面になる)
  • おちょこ(酒のみになる)

の6品です。

子供は最初はびっくり、でも次第に興味津々

実際に娘の前に品物を置いてやってみたところ、親戚中の多くの大人に囲まれて、子供も最初はビックリしていました。

が、少しずつ品物に興味を持ち始めて一つずつ見ていました。

周りの大人は、私も含めてどの品物を取るのか興味津々。

子供が手を伸ばそうとするたびに「おおー」って歓声も上げて楽しんでいました。

選んだ品は「お金」

結局、娘はお金を手に取りました。

その後は、家族みんなで

「この子は将来玉の輿になるのか」

とか

「女性社長などキャリアウーマンになるのでは」

など、とにかく将来の話で大盛り上がりでした。

やってよかったと思いました。

ハサミは、怪我を心配して避けました

選び取りの品物選びでは、はさみも候補に挙がりました。

が、いくらプラスチック製でも口に入れるなど何かあると危ないので控えました。

念のために口に入れても大丈夫なように安全にも配慮しました。

  • 定規は両角にプチクッションをつける
  • 鉛筆も芯のないスマホで使うプラスチックペン
  • お金は子供銀行の紙幣
  • そろばんもおもちゃ
  • おちょこもプラスチック

にしました。

選び取りを楽しむコツ

コツとしては、始める前に、1つずつ品物の意味説明をすると更に盛り上がります。

もっと品物を増やしたら更に盛り上がったのかなぁ?とも思いました。

が、あまり多すぎても娘が迷うかもしれないので、逆に6品程度でよかったのかなとも思いました。

選び取り、楽しい思い出になりました。

選び取りをした後は、誕生日が3月3日なので、一緒にお雛様のお祭りで、ちらし寿司などを食べて盛り上がりました。

ビデオや写真にも撮り、とても楽しい思い出が増えたし、子供か大きくなり孫が出来てもやって欲しい行事なので伝えていこうと思います。

スペシャルプレゼント

バースデープレゼント経験談


 
  ↑ページ先頭に戻る