誕生日プレゼント情報

彼女や彼氏への誕生日プレゼント。1歳の誕生日の祝い方や、還暦、古希など長寿祝いの体験談をお届けします。

父の古希は、小さなお食事会とJTBトラベルギフト

実父が69才になる年のお正月。つまり、数え年で11月の誕生日に、古希を迎える年です。

家族12人が集まっての新年会では、いつも父の挨拶があります。

そこで父は、「今年は私も古希を迎えるわけで・・・」と挨拶をしました。そして、遠まわしに「何かやってくれよ〜」という意思表示。

といっても、何でも自分でやりたがる父なのです。

結局、ちょっと素敵なパーティー会場を見つけ、予約して、どんなメニューにするか、会場の方と話し合いをしたのは父と母でした。

父は、私達に、お金を使わせたくなかったのでしょう。父なりの気遣いもあったのだと思います。会場・料理に関しては、母が全額出してくれました。

当日の進行については、私が得意なのを知っているので、完全にまかされました。

私には、妹と弟がいるので、メールや電話で連絡をとりあって、何をプレゼントするか、いくら出すかを考えました。細かい段取りを決め、司会を私が務めました。

当日は、父母・祖母(父の母)・私の家族・妹の家族・弟夫婦・父の妹家族の、17人が集まりました。小学生2人、幼稚園生2人もいるので、ワイワイにぎやかです。

長いテーブルに、ずらりと向かい合う形で、久しぶりに豪華な洋風コース料理を楽しみました。

マイクも用意されており、挨拶の声が届かないということもなく、感激で涙にじむ以外は、トラブルもなく行われました。

後の方になり、子供らが飽きてきても、完全個室だったので、自由に遊び回ることもでき、それができるくらいの広いスペースもある部屋でした。

会は、何人かから言葉を貰い、父から挨拶があり、孫たちがプレゼントを渡したり全員が参加できる形にしました。

プレゼントは、5000円ほどの花束と、JTBのカード型旅行券「トラベルギフト」3万円分をプレゼントしました。

プレゼントは、ギフト券のようなものがいいとは思っていました。普通の商品券も考えましたが、やはり、「お金」というよりも、母との思い出に使ってもらえるよう「旅行券」の方を選びました。

「トラベルギフト」は、オリジナルルデザインにできたのも、決めた理由の一つです。

孫と一緒に撮った写真に、お祝いの言葉や日にちを印刷してもらい、世界に1つだけの旅行券になりました。
(JTBトラベルギフトはこちら http://www.jtb.co.jp/gift/travelgift/

ちょっと私が出しゃばりすぎてしまった部分もあるのですが、父が願っていたような、「皆でワイワイパーティー」をすることができて、満足してもらえたようでした。

挨拶では、お酒は入っていないのに、胸が一杯で、言葉に詰まることもあり、父の気持ちが伝わってきました。93才になる祖母も参加できたことも大きいでしょう。

父が考え、用意をした古希のパーティー。父は古希を祝ってもらいたかっただけではなく、古希というきっかけから、私達にありがとうを伝えてくれたのだと思っています。

私達が、そのお手伝いをしたこと・参加したことが、一番のプレゼントだったのかもしれません。

とりあえず「古希だから」と、宅配便でプレゼントを贈るのも良いですが、こうやって、皆が集まってお祝いするのが、ご本人一番喜ばれるのではないでしょうか。

何が欲しいか、いくらくらいのものかは、人それぞれ。

もし何かアドバイスをするとしたら、ギフト券は無難ですが、どうしても冷たい感じになりがちなので、今回私達が利用したような、オリジナルデザインを選べるものが良いとは思います。

思い出に残る「古希」にしたいものですね。

広告
 
広告
 

スペシャルプレゼント

バースデープレゼント経験談


 
  ↑ページ先頭に戻る