誕生日プレゼント情報

彼女や彼氏への誕生日プレゼント。1歳の誕生日の祝い方や、還暦、古希など長寿祝いの体験談をお届けします。

還暦祝いに家族全員8名で箱根旅行に行きました。

5年ほど前に、満60歳の両親の還暦祝いを兄弟で行いました。

家族で一緒に暮らしている時から、両親とそれほど会話が多くなかった兄から初めて自分からイベントを相談されたので、正直驚きました。

最初は、食事会も考えましたが、せっかく父親も会社を退職して時間に余裕も出来たので、ゆっくりと過ごしてもらいたいのと、出来るだけ思い出深いイベントにしたい思いもあり、お互いの仕事のスケジュールを調整して家族全員の箱根に1泊温泉旅行を計画しました。

旅行の話は、兄夫婦の子供たちからメッセージカードとロマンスカーチケットをセットにして渡してもらいました。

何よりも可愛い孫たちからの旅行のお誘いに驚きながらも喜んでくれ、また家族旅行など、私が高校生の時以来なので、旅行前から両親は、とても楽しみにしてくれ、カメラを新調するほどでした。

当日の参加者は、私達夫婦と兄夫婦と子供2人と両親の計8人です。

旅館には少し早目の午後2時頃に到着し、なるべくゆっくりと2人の時間を過ごせるようにと、夕飯の時間までは部屋には、あまり近づかないように気を使いました。

夕食は、少し豪華な特別料理を奮発し、私たち子供や、可愛い孫たちに囲まれて、賑やかで美味しい食事やお酒に大満足してくれ、そこで私たち兄弟からと久谷焼きのペアカップを、両親への今まで育ててくれた感謝と、これからも長生きし親孝行をさせてほしい気持ちを伝えて渡しました。
(サイト名:伝統本舗 サイトURL:http://item.rakuten.co.jp/dentouhonpo/ic-001-2/)

両親はとても喜んでくれ、これからも元気に、孫が結婚するまで長生きする、今日の旅行の楽しさは、絶対に忘れない、と冗談交じりに会話を交わして、みんな笑顔の賑やかな夜を過ごしました。

プレゼントは、当初は定番の赤いちゃんちゃんこも候補にあがりましたが、両親が年より扱いされるのが、あまり好きではないのと、焼き物好きなのもあり、ペアカップにして正解でした。

気に入ってもらえたようで、旅行後もずっと家で今でも使ってくれています。

友人などは、父親がたばこを吸うので、お洒落なデザインのジッポーをプレゼントしたとも聞きました。形式的なプレゼントにとらわれずに、本人たちの好きなものをプレゼントするのが、やはり良いようです。

広告
 
広告
 

スペシャルプレゼント

バースデープレゼント経験談


 
  ↑ページ先頭に戻る