誕生日プレゼント情報

彼女や彼氏への誕生日プレゼント。1歳の誕生日の祝い方や、還暦、古希など長寿祝いの体験談をお届けします。

義理母と実父のが60歳を迎えたので両家共にお祝いをしました。

私の実父と、義母は同じ年齢なので、今年に入ってすぐ両家共に還暦のお祝い(60歳の誕生日祝い)をしてきました。

確か、義理父の還暦や古希のお祝いをしたのは、義父の数え年でお祝いをしたので、本来なら昨年にお祝いをするべき所なのですが、その年は本当に色々な事が重なり、とても忙しくて金銭的にも時間的にも余裕がなかったので、数え年ではなく、満年齢でのお祝いでもいいかなと考えていました。

私の実父と義母のお誕生日は2ヶ月ほど違うだけなので、私が主人に昨年末に両家の還暦のお祝いを提案しました。

子供が産まれてから、そちらにお金がかかるので、お誕生日やその他のお祝いごとにとても気をつかってくれるようになった両家の両親。

還暦のお祝いをすると言うと、気を使い「何もしなくていい」と言い出したので、あまり盛大にすると返って気を遣わせてしまうと思い、みんなで揃ってお食事に行きました。

私の父の方が少し早いお誕生日だったので、先にお祝いをしました。

イタリアンのコース料理にしました。父母と主人、私、子供2人で行きました。ランチだったので全員で15,000円くらいでした。

決して豪華なお祝いではありませんが、孫と食事に行くことをとても喜んでくれました。プレゼントは無しです。

子供が産まれてからは、お誕生日プレゼントを拒否されるようになったので、もう7年くらいプレゼントはしていません。

1か月後に今度は、主人の両親と私達家族の6人でホテルのバイキングに行ってきました。

これもランチだったので、全員で15,000円くらいでした。

父の還暦や古希のお祝いとかなり差があり、申し訳なかったのですが、あの頃は共働きで余裕もあったので、豪華なお祝いをしました。

主人の父と母も孫との食事をとても喜んでくれました。

プレゼントも昨年までは渡していましたが、今年からはもう遠慮するからと言われたので、こちらもプレゼントは無しです。

両家共に改まったお祝いをしていないので、スピーチの場はありませんでしたが、父も義母も「ありがとう」と言ってくれました。

そして、プレゼントは孫達からのお手紙のみですが、これもまた嬉しそうに読んでくれていました。

広告
 
広告
 

スペシャルプレゼント

バースデープレゼント経験談


 
  ↑ページ先頭に戻る