誕生日プレゼント情報

彼女や彼氏への誕生日プレゼント。1歳の誕生日の祝い方や、還暦、古希など長寿祝いの体験談をお届けします。

卒寿のお祝いに私たちは杖をプレゼントしました

卒寿のお祝いをしたのは私たちの祖母です。

祖母は、その時一人暮らしをしていました。一人暮らしといっても私たち孫が近所に住んでいたので、毎日見に行って祖母の様子を見ていました。

祖母が90歳になると言うことでお祝いをしようと、私と弟が同時に言い出したのです。祖母が、数え年ではなく、満年齢になったときにお祝いをしました。

祖母は、90にもなっているにもかかわらず、杖なしで歩けるぐらい健脚でしたが、 90近くなってからは、腰も少し曲がってきて、階段などの手すりにつかまって歩くようになっていたので、私たちは杖を送ることにしました。 

祖母は、卒寿だけでなく喜寿や米寿の時もそうでしたが、お祝いされるのをすごく嫌がっていたので、とにかく内緒で進めていました。

当日のお祝い会の時は、うちの両親を合わせて5人でやりました。祖母は12月生まれだったので、暖かい洋服をプレゼントしたのと、私たち兄弟がかってきた杖も同時にプレゼントしました。

他のプレゼントも色々考えました。

祖母は、食べることが好きだったので、1番大好きなパンを買おうと思っていたのですが、記念になるものは、やはり残るものがいいと思い私たちは杖を選んだのです。

杖を渡すときは、直接おばあちゃんに渡しました。すごく照れくさそうでしたが、本当に喜んでくれてるようで私たちも安堵しました。

商品は、近所にある百貨店で買ったもので、福祉の用品として販売されていました。

卒寿を迎えた祖母の反応は、照れくさそうで、実際のところ、こんなに長生きするとは思っていなかったとの事。しかし今、孫がこんなに大きくなるまで自分が生きれたことに感謝していたようでした。

卒寿を迎えた祖母から特別に何か貰った訳では無いですが、孫2人からプレゼントされた時に、祖母が泣いていたので、その涙が私たちにとっては良いプレゼントになったと思っています。

百貨店に見に行った時に、杖の他にも補聴器や、車いすなども販売されていました。今では本当に立派で、しかも軽量なものも販売されているので、そういうものもプレゼントすると喜ばれるかなと考えました。

広告
 
広告
 

スペシャルプレゼント

バースデープレゼント経験談


 
  ↑ページ先頭に戻る