誕生日プレゼント情報

彼女や彼氏への誕生日プレゼント。1歳の誕生日の祝い方や、還暦、古希など長寿祝いの体験談をお届けします。

おばあちゃんの卒寿祝いに、帽子、花、カーディガン

現在92歳の私のおばあちゃんは未だにお酒もタバコもがぶがぶ、とても元気でおしゃれなおばあちゃんです。

そんなおばあちゃんがもうすぐ90歳になるという時、父が「そういえば、ばあさん今年で90か、卒寿のお祝いでもするか」と言ったのがきっかけでした。パーティー好きな我が家はノリノリでした。

さて、そうすると何かプレゼントをあげた方が、という事になります。どんなものが良いか家族皆で考えたのですが、それぞれの意見がまとまらず、別々にプレゼントをする事にしました。

私と兄は、卒寿のお祝いといったら、還暦同様、ちゃんちゃんこに頭巾、座布団では、と思ったのですが、未だに髪の毛も赤茶に染めて、おしゃれに気を遣うおばあちゃんにそんなのプレゼントしたら怒られる、と思いオールシーズン身につけられそうな3000円くらいのベージュの帽子と5000円くらいの紫のカーディガンにしました。

母と父は、二人で20000円くらいの胡蝶蘭を送ることにしました。

プレゼントの用意が整ってパーティー本番、出席者は私、兄、父、母、叔母2人(おばあちゃんの娘にあたります)でした。女たちで準備をしていると、おばあちゃんもひょっこり顔を出して楽しそうだねぇ、なんて言いながら一緒に準備に加わってました。

そして料理を並べお酒を準備して、バースデーソングを歌いました。

それぞれがプレゼントを渡し、一言ずつおばあちゃんへお祝いのコメントを述べました。おばあちゃんはそのひとつひとつを嬉しそうに、聞いていました。

パーティーが終わるころには、お酒も入って少し気持ちよくなったおばあちゃんは泣きながら「ありがとう、長生きしてよかったよ」と繰り返していました。

私達兄妹のあげた帽子とカーディガンは、今でも時々お出かけ用として使ってくれています。胡蝶蘭はもう枯れてしまいましたが、おばあちゃんは、まだまだ枯れる事はなさそうです。

お年寄りへのプレゼントとはとても難しいです。

食べ物や飲み物も制限されるし、一人じゃ旅行も行けないし・・・。やはり身に付けるものが一番よさそうです。

広告
 
広告
 

スペシャルプレゼント

バースデープレゼント経験談


 
  ↑ページ先頭に戻る