誕生日プレゼント情報

彼女や彼氏への誕生日プレゼント。1歳の誕生日の祝い方や、還暦、古希など長寿祝いの体験談をお届けします。

長男の一歳の時のお祝いに送ったのは、元気に身体を使う事のできるジャングルジムにしました

私は鹿児島県の南部に住んでいます。

2008年に結婚して、2009年の7月に妊娠がわかり、長男は2010年3月17日に生まれました。

 

私には姉がいますが、女の子を二人産んでいるので、両親は待望の長男に嬉しそうでした。

私も、その頃は、自分が父親になった事が不思議でしたが、今は本当に可愛くてしょうがないですね。

 

生まれてすぐの頃は、育児に関して初めての事ばかりで、夫婦二人ともあたふたしていました。

また構いすぎて、甘えん坊に育ってしまったかな?と反省があります。

一歳の誕生日のお祝いを考え出したのは2ヶ月くらい前

一年間なんとか、周りの助けを借りながら育児をやっていました。

一歳の誕生日のお祝いを考えだしたのは、2ヶ月前くらいですね。

 

何をお祝いにあげたらいいのか分かりませんでしたが、夫婦それぞれアイデアを出して、すくすく元気に育つ為に役立つ物を選ぼうと決めました。

ネットで、口コミ情報などを見て、評判がいい物をなるべく買って失敗しないようにと思っていました。

1歳の誕生日のプレゼントは、「白いわんぱくジム」

それで決まったのが、室内に設置できるジャングルジムと滑り台が一緒になった「白いわんぱくジム」という物を買う事にしました。

運動は頭にもいいでし、基本的な事なので一番重視したところですね。

 

一歳の誕生日は2011年03月17日で決まりました。

ただ震災の数日後だったため、少しやっていいものか悩みましたが、長男の初めての誕生日なので、両親、姉家族、10名を呼んで盛大にやりました。

1歳のお祝いはみんなで楽しみました。

内容は、料理とケーキをみんなで食べる普通の誕生日会のようなものです。

妻は育児の合間に料理を沢山作っていたので、準備に大変そうでした。

 

私は、Amazonから送られて来た「白いわんぱくジム」を長男に見えない所で組み立てなどしました。

実際にこの「白いわんぱくジム」を長男に見せたところ、目を輝かせながら、喜んでいましたね。

まだ歩けない時期だったので、つかまり立ちをしながら楽しんでいました。

両親もそんな姿を見て楽しそうに喜んでいました。

 

値段は総額14000円代でしたが、満足しています。

 

他の候補としては、北欧系のおもちゃを考えましたが、元気に育つのに役立ちそうな「白いわんぱくジム」に決めました。

 

初めて買う人は迷うと思いますが、なるべく長く使えるものを買う事をオススメします。

ただ場所を取るのが難点でしたが、楽しそうに今でも遊ぶ長男を見ていたら買って良かったと思えます。

スペシャルプレゼント

バースデープレゼント経験談


 
  ↑ページ先頭に戻る