誕生日プレゼント情報

彼女や彼氏への誕生日プレゼント。1歳の誕生日の祝い方や、還暦、古希など長寿祝いの体験談をお届けします。

父親の還暦祝いに、そば打ち道具ののし板をプレゼントしました。

去年の8月に、父親の還暦祝いを家族みんなで祝いました。

もともと兄弟の間では、満年齢でお祝いをしようと考えていました。父の誕生月は2月で、12月頃に、まずは私から兄弟にメールにて連絡を取り合い、還暦のお祝いをしようと話を進めました。

しかし、まだ父親は仕事も現役だったので2月に行うことができずに、退職後の8月にお祝いすることになりました。

その時の準備の様子ですが、私たち兄弟は、妹は実家、兄は一人暮らし、私は結婚していて家を出ていたため、基本的にはメールでのやり取りが主でした。

まず私が家族全員の予定を聞き、兄がお店の調査、予約を行い、妹が父親の欲しいものを聞いたりなどして、兄弟が協力して準備をしていました。

父親は、その頃、趣味でそば打ちをしていたため、欲しいものは、そば打ち道具の「のし板」ということでしたが、私たちからしてみたら「のし板」というものが、どんなものかさっぱりわかりませんでした。

せっかく欲しいものがあるのに無知の私たちが購入するより、父親本人が気に入ったものを買ってもらいたかったので、プレゼントは父親本人が自分の目で見て気に入った「のし板」を買うことにしました。

値段は3万円程度でした。他の候補としては、高級な万年筆がありました。

お祝いの当日は、家族5人と私の妻の6人でお祝いしました。

乾杯のスピーチでは兄が代表して「60歳の還暦おめでとうございます。これから第二の人生が始まりますが、健康に気を付けて元気に楽しい人生を送ってください。」とメッセージを添えました。

終始和やかな感じで、お店の方も気を利かせて、個室の部屋には、赤いちゃんちゃんこが準備されていました。少しお酒の入った父親はその赤いちゃんちゃんこを着て、みんなで集合写真を撮ったりと、楽しい時間を過ごせました。

プレゼントは、当日父親が持参して、みんなに「のし板」を披露してくれました。その商品のURLはこちらになります。http://yabukita.jp/item/nosu-061/

その時の父親を見ていると、とても幸せそうで笑顔が絶えませんでした。

きっと家族みんなが集まって、このようなイベントをするのが初めてだったので、うれしかったのだと思います。

父親からは「今日はこんなに素敵なお祝いをしてくれて本当にありがとう。子供たちに感謝です。」と少し恥ずかしそうに照れながら、お礼の言葉をもらいました。

還暦祝いのおすすめの品としては、相手が欲しいものをプレゼントすることだと思います。子供たちが一生懸命考えてプレゼントするのも、きっと感動してくれると思いますが、私たちみたいに相手が満足する本当に欲しいものをプレゼントするというのも、大切に使ってくれると思います。

広告
 
広告
 

スペシャルプレゼント

バースデープレゼント経験談


 
  ↑ページ先頭に戻る