誕生日プレゼント情報

彼女や彼氏への誕生日プレゼント。1歳の誕生日の祝い方や、還暦、古希など長寿祝いの体験談をお届けします。

実父の還暦のお祝いに家族全員で父の大好きな日本料理を食べに

実の父の還暦のお祝いを、満年齢で先日行いました。

還暦のお祝いについては、還暦の誕生日の半年前に3姉妹の私達で、父が喜ぶような事をしようと話しが出ていました。何をすれば父が喜んでくれるか、すごく悩みました。

父は、還暦を迎えた翌年に定年退職をすることも決まっていた為、その事も含めお祝いをしようということになりました。

まずは、お祝いの品物を何にするかという話になりました。

お酒が何よりも好きな父なので、おちょこか、ビアグラス、ロックグラスがいいのではという話になりました。他には、ゴルフも大好きなので、ゴルフクラブがいいのではという案も出ました。

しかし、ゴルフクラブは好みもあるし、相性もあり、試し打ちをする必要があるので、当日のサプライズにならないので、却下になりました。

色々話し合った結果、還暦にちなんで、「江戸切子」の赤いロックグラスをプレゼントすることにしました。金額は7,000円ほどでした。
http://www.saihou.net/shop/products/view/531/category:9

次に、お祝いに場所をどうするかということです。

営業マンだった父にちなんで何か良い所はないかと、父にそれとなく探りを入れていたところ、父が、大事なお客様とよく食事をしていたという、父がお気に入りの日本料理店があることが分かりました。

私と姉は、そのお店に出向き、父の還暦のお祝いをしたいので協力していただけないか、と話しました。

お店の大将は快く承諾していただき、お料理はすべておまかせで、父がよく食べていたものを出していただくようにしました。金額は1人12,000円でお願いしました。

還暦のお祝いは、父本人と母、姉、私、妹の5人で行いました。

父には、家族で食事をしようという事しか伝えていなかったので、とにかく全てに驚いていました。

父のお気に入りの日本料理店で食事をしている時に、「これからも長い生きしてね。」というメッセージと共に切子のグラスをプレゼントしました。

そのグラスの色が赤だったので、そこで初めて父は、還暦のお祝いだということに気がついたようで、少し、照れくさそうにしていました。

もともと口数の少ない父なので、とくにスピーチというものはなく、私達から、お返しはいらないからと伝えていたので、父からは、とくにも何もありませんでした。

切子のグラスは、縁起ものとされているので、赤切子はおすすめです。

広告
 
広告
 

スペシャルプレゼント

バースデープレゼント経験談


 
  ↑ページ先頭に戻る