誕生日プレゼント情報

彼女や彼氏への誕生日プレゼント。1歳の誕生日の祝い方や、還暦、古希など長寿祝いの体験談をお届けします。

夫の還暦祝いに赤ワインとお財布をプレゼントしました

一昨年の誕生日、夫は満60歳を迎え、還暦になりました。同時にその日に定年退職を迎えました。

仕事は契約社員として、それまでの会社で引き続き勤務していますが、私は還暦祝いと定年退職の両方のお祝いをしようと、その前からプレゼントは何がいいかと考えていました。

通常は、赤いチャンチャンコと言われていますが、さすがにそれには手が出ませんでした。どうせなら赤い物で夫が好きな物にしたいと考えたからです。

すぐにひらめきました。赤ワインです。

そこで、夫が生まれた年に作られたビンテージワインを探すことにしました。夫はお酒が大好きなので、ワインなら喜んでくれると思ったからです。

早速1952年生まれの赤ワインで検索をかけてみると、たくさんの種類が出てきました。たくさんありすぎて迷いました。値段もずいぶん開きがあります。

予算は5万円以内です。

その5万円を全てワインに使うか、ワインとは別に、もうひと品何かプラスしようかとずいぶん悩みました。さすがにワインだけに5万も使うのはもったいないような気がしたからです。

最終的に選んだワインは、バニュルス1952年のワイン(http://item.rakuten.co.jp/wineuki/0104001004231/?scid=af_pc_etc&sc2id=74096370)です。お値段は税込で税込で13440円です。

ネットでの評判も高く、入手困難とされていましたので、5月くらいには手元に届くように手配して当日に手渡しをすることにしました。

そしてもう一つのプレゼントは、特に還暦とは関係のないものでした。

夫の財布が少しくたびれていたのが気になっていましたので、財布にしました。

ただ財布に関しては、いつも夫が自分で使うものですから、本人の使い勝手がいい物であることがポイントです。

そこで還暦前の休日を利用して買い物に行きました。選んだのはJIMMY CHOOの二つ折財布です。
(http://item.rakuten.co.jp/celeb-kobe/jic-2168/?scid=af_pc_etc&sc2id=67889001)
お値段は40900円でした。

特別なイベントでない限り、そんなに高額なお財布を使うことはないと思いましたが、還暦と定年というダブルのお祝いでしたから、予算を少々オーバーするのはしたかないと思っていました。

夫は、このお財布だけで大喜びでしたが、まだこの段階ではワインの存在を知りません。

そして、迎えたお誕生日当日ですが、夫は会社から贈られた花束を持って帰ってきました。それを飾って二人だけのお祝いです。

赤ワインに合うように、夫の好きなイタリアンを用意しました。

夫への還暦のメッセージは、「これからは少し自分だけの時間を作って自分の趣味を何か持ってください」という内容のものです。

今までは、仕事に追われて来たので趣味どころではありませんでした。

やはり一人の人間として、家族とは関係のない自分だけの時間を持つことも必要だと思っていました。それが若さと健康を保つ秘訣でもあります。それには夫も深くうなづいていました。

ワインに気づいたのはその後です。

密かに1952年のビンテージワインを探したと知り、大感激していました。

還暦のお祝いに対するお礼は特にありませんが、私はもしお返しをしてもらうなら、ずっと健康でいてくれることが最大のお返しだと思っています。

夫婦二人だけの家庭ですから、健康でいてくれることだけが私の願いです。

夫は私にお礼の言葉としてこう言ってくれました。「健康でいるために自分の趣味を探す」と。

そして今はそれを着々と実行に移しています。

ビンテージのバイクの部品を集めて組み立てるという、若い頃に始めて途中で諦めた夢をまた再開しました。

たまたま近所にそういう趣味を持った同年代の男性がいて、その人たちと一緒にバイクいじりを始めたのです。

男性が趣味を持ち、地域に根ざすというのは、これからの時代は特に大切なことだと思います。そのきっかけになったのが、還暦祝いで私が夫に送ったメッセージでした。

もし何か還暦のお祝いの品をと考えるなら、一つは生まれた年代にちなんだ赤い物と、そしてもう一つは、これからの人生をこうして生きてほしい、という家族のメッセージか、それにちなんだ品物ではないでしょうか。

広告
 
広告
 

スペシャルプレゼント

バースデープレゼント経験談


 
  ↑ページ先頭に戻る