誕生日プレゼント情報

彼女や彼氏への誕生日プレゼント。1歳の誕生日の祝い方や、還暦、古希など長寿祝いの体験談をお届けします。

寒がりの義母へ 古希のお祝いに身体を温める衣類を

成人の日が義母の誕生日ですので、毎年忘れることはありません。毎年必ず何らかのプレゼントを渡し、祝日ですので必ず参っています。

私が結婚して10年程経過した時に、義母が古希を迎えました。

結婚した当初は、義母との関係にやはり世間並みのすれ違いや葛藤がありましたが、互いに慣れ親しんで、そうした蟠りのようなものは全くなくなっていた頃に、義母が古希を迎えました。

古希を祝うことに関しては、私が積極的にお祝いしようと主人に持ちかけました。

義母は自分の年齢を数え年で認識していましたが、私たち夫婦はいつも満年齢でカウントしていましたので、古希は満年齢でお祝いしました。

義母は外食を好みませんので、毎年成人の日には私がちょっとした食事を持参して、プレゼントを渡してお祝いするのですが、古希のお祝いの時にも、そのようにしました。

でも、彼女の好きなカニ料理を中心に用意して、後は田舎風の煮物、大好きな果物を使ったデザート類などを準備しました。

主人は一人っ子ですので、お祝いはいつもの通り3人ですが、食事の用意はたっぷりと用意しました。というのも、あまり義母は食事の支度が好きではないので、私の手料理を喜び、残っても後日頂くからです。

さてプレゼントなんですが、成人の日生まれなのですが、寒がりで、年齢相応に膝関節に時折痛みを覚えるので、何か日々役立って身体を温めるようなものをと考えて、ネットで色々探しました。

温泉旅行のプレゼントも考えて、それとなしに義母に打診しましたが、本人が乗り気ではなく、またその年は何だか体調が悪い様子だったので、断念しました。

それで、身体を温めるようなものをという考えになったのです。

選んだものは、いつも毛の重いカーディガンを重ね着してしんどそうだったので、軽くて温かい新素材のカーディガンと、同素材の首巻き、スカート。

選んだショップは、「もちはだ」という楽天市場のお店です。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/mochihada-shop/

そして温かい厚手の靴下です。

この靴下は以前テレビで紹介されていたそうで、靴下にしては高額でしたが付け加えました。
http://item.rakuten.co.jp/mochihada-shop/k-001/

元々の予算は、1万円から1万5千円で考えていましたが、実際は1万2千円位です。

当日、手料理とプレゼントを持参して、プレゼントはちょっと隠しておいて、食事を食べ始めてちょっと一息ついた時に手渡ししました。

反応は上々でした。

特に軽い素材、温かさは気に入ったようです。ありがとう、でもまだこれからも長生きするからねと言って喜んでいました。

元々、毎年の恒例行事ですので、御礼の品物がかえってくるということはありません。

ただ、この年になっても毎年お年玉をもらっているので、気にしません。

「古希」のプレゼントは、案外難しいかもしれません。というのも、70歳という年齢は健康でしたら、まだまだ若いですので。

かといって、アクティブな年齢とも違いますから、日常生活で使えるものがやはりいいのではないでしょうか。

衣類は消耗品なので、おすすめするという程のものではありませんから、何か便利な電化製品などもいいかもしれませんね。

広告
 
広告
 

スペシャルプレゼント

バースデープレゼント経験談


 
  ↑ページ先頭に戻る